稼ぐブログのはじめかた ▶ブログをはじめる

メタマスクでウォレットを分ける2つの方法【ハッキング対策】

「複数ウォレットにするのが良い」っていうのを聞いたんだけどどうやってやったら良いの?
不安なのでやり方を丁寧に教えてほしい!

こんなお悩みを解決する記事を用意しました。

本記事でご紹介する「メタマスクでウォレットを分ける」方法を実践すれば、ハードウォレットを買わなくても、初心者さんでも防犯能力をかなり高められます!

本記事でわかること
  • メタマスクでウォレットを分ける2つの方法
  • メタマスクでウォレットを分けるメリットデメリット
  • ウォレットを分けた後に気を付けるたった1つの注意点
  • メタマスクでウォレットを分けた後にやるべきこと

メタマスクの複数ウォレットの作り方からハッキング対策の注意点、そして、複数ウォレットを作成した後に行うことまでを実際の操作画面とともにていねいに解説していきます。

あなたの大切な仮想通貨やNFTを守るために、この記事を見ているタイミングの今、一緒に手を動かして防御レベルを上げていきましょう✨

目次

メタマスクでウォレットを分ける2つの方法

メタマスクでウォレットを分ける方法は以下の2つの方法があります。

  • 方法1:今持ってるウォレットに追加で作成する
  • 方法2:新しくウォレットを作成

そして、ハッカーに盗まれたら終わってしまうメタマスクの情報はこちらの2つです。

「シークレットリカバリーフレーズ(シードフレーズ)」「秘密鍵」

このどちらかの情報が抜き取られてしまうと、ウォレットの中身を失ってしまいますので覚えておいてください。

方法1~2の特徴をそれぞれ特徴を説明していきますね。

方法1の特徴:今持ってるウォレットに追加で作成

特徴

ウォレットパスワードシークレットリカバリーフレーズ元のウォレットと同じ

メタマスク情報方法1:今もってるウォレットに追加
①ウォレットパスワード同じ
②シークレットリカバリーフレーズ同じ
③秘密鍵違う
④ウォレットアドレス違う

同じウォレット内にお財布を作るので、シークレットリカバリーフレーズが元のウォレットと同じものになってしまいます。そのため、セキュリティレベルは低め。

方法2の特徴:新しくウォレットを作成

特徴

元のウォレットとは全て違う情報になっている

メタマスク情報方法2:新しくウォレットを作成
①ウォレットパスワード違う
②シークレットリカバリーフレーズ違う
③秘密鍵違う
④ウォレットアドレス違う

元のウォレットとは別の場所で新しくウォレットを作るので、全ての情報が違います。

セキュリティレベルは方法1よりも高めになるので、こちらの方法での作成がおすすめです。

のそみ

私もこの方法で保管用ウォレットを作りました✨

それでは、次にそれぞれの作成方法を解説していきます!

メタマスクでウォレットを分ける方法その①:今持ってるウォレットに追加で作成

今持っているウォレットに追加で作成する方法です。

メタマスク情報方法1:今もってるウォレットに追加
①ウォレットパスワード同じ
②シークレットリカバリーフレーズ同じ
③秘密鍵違う
④ウォレットアドレス違う

▼もともと持っているメタマスクのアイコンをクリック

▼「アカウント作成」をクリック

▼名前をつける (※画像では「TEST2」とつけています)>作成

▼完了

元から持っているウォレットと、作成したウォレットが表示されています。

メタマスクでウォレットを分ける方法その②:新しくウォレットを作成する

もともと持っていたウォレットとは別に、またウォレットを作成する方法です💡

メタマスク情報方法2:新しくウォレットを作成
①ウォレットパスワード違う
②シークレットリカバリーフレーズ違う
③秘密鍵違う
④ウォレットアドレス違う

▼ChromeもしくはBraveのアカウントアイコンをクリック

▼プロフィールを追加

▼ 名前を作成(画像ではTESTとしてます)・カラー設定 > 「完了」クリック

▼拡張機能でメタマスクを導入

一番最初にメタマスク導入した方法と同じ手順で拡張機能を入れてウォレットを作成していきます。

ブラウザがBraveでもChromeと同じ操作で作成できますよ💡

▼完了

メタマスクでウォレットを分けるデメリット

ウォレットを分けることで資産を守れるので、基本的にメリット以上のデメリットはないと感じますが、デメリットがあるとするなら、こちら。

状況:NFTのAL(アローリスト)申請するとき

<応募条件>
・指定プロジェクトのNFTを持っていること

<デメリットを感じること>
指定プロジェクトNFTが保管用ウォレットに入っている。
そして、ミント用ウォレットを指定できない時。

ちょっと面倒だなぁ

こういった場合は、一時的にミント用ウォレットへNFTを移す必要があるので、そこがデメリットだと思います。

しかし、今はPREMINTサイトでAL応募とするプロジェクトが多くなっており、PREMINTではウォレットを複数登録できるので、こちらで挙げたデメリットを感じる瞬間は少なくなっています。

≫ PREMINT(プレミント)の使い方・登録方法を解説【NFTのAL応募】

メタマスクでウォレットを分けるメリット

メタマスクでウォレットを分けるメリット:「ハッキング対策」

NFTの世界には、詐欺やハッキングがそこかしこに潜んでいます。

1つしかウォレットを持っていないとしたらこのような状態。

全財産入れたお財布を持って、海外の治安が悪い街を歩いている

メタマスクの中にこれら全てを入れていた場合、詐欺に遭ったら最後。全て抜き取られてしまいます。

  • ETHなどの仮想通貨
  • 大切なNFT

想像してみると怖いですよね💦

もう一つウォレットを作って大切な資産を移しておけば、このような状態を作れます✨

  • 最低限のお金をお財布に入れた状態で、海外の街を歩く
    • スリに遭ったとしてもダメージ最小限🙆‍♀️
  • 残りのお金や大切なものは、ホテルの金庫に預けている
    • 大切な資産は金庫に預けているので安心🙆‍♀️
のそみ

私は「NFTをミントする用(普段使い用)」のウォレットと、「NFT保管用のウォレット」で分けて使ってます!

メタマスクのウォレットを分けた後の注意点

メタマスクのウォレットを分けた後の注意点が1つ。

保管用として作成したウォレットは触らない🙅

詐欺の手口として有名なのはこれら。

  • TwitterやDiscordのDM
  • Twitterで謎のアカウントから会話に入れられる
  • Twitterでプロジェクト公式アカウントを名乗ってミントサイトに誘導する

最悪クリックしてしまった時でも被害をゼロにするためには、保管用ウォレットにつなぐ頻度を少なくすることが重要です。

もし、普段から保管用ウォレットを触っていたとしたら、上記のリンクを踏んだ時、保管していたもの全て抜き取られてしまう可能性が高いので、「必要な時以外は触らない」を徹底すると防犯を高められます。

メタマスクのウォレットを分けるうえでよくある質問

ウォレットを分けるうえでよくあがる質問としてはこちらの2つ。

  • ウォレットはいくつ持ってると良い?
  • 今まで使ってたウォレットはどうしたら良い?

ウォレットはいくつ持ってると良い?

いくつでも作れますし、いくつ持っていても良いですが、用途別に分けるのが良いと個人的に思います。

私の場合、メタマスクを使うシーンはNFTを買うときくらいなので、下記のように分けてます。

  • NFTをミントする時につなぐ用のウォレット
    • 最小限の資金しか入れない🙆‍♀️
  • NFT保管用のウォレット
    • 大切にしているNFTを移動させて保管🙆‍♀️

例えば、NFTも買うし、ゲームもするという方であれば、このような感じで使い分けるのが良いと思います。

  • ゲーム用
  • NFTミント用
  • 保管用

自分の使いやすいよう、ウォレットを作成して資産を分散させておくというのが目的ですね💡

今まで使ってたウォレットはどうしたら良い?

今まで使用していたウォレットは、ミント用(色んなところに繋いでもOKなウォレット)とするのが良いと思います。

理由は、過去色んなサイトにつないできていると思うので、どこかで情報がすでに抜き取られているかも?と考えると、保管用とするのは少し危ない気がするからです。

保管用ウォレットは新たに作成し、以下のような状態を保っておくと安心して資産を管理できますよ。

  • 信用しているサイト以外はつながない
  • よくわからないサイトには繋いでいないと確証が持てる状態

メタマスクでウォレットを分けた後にやること

ウォレットの作成お疲れ様でした✨

この後は、すぐ下記を行っていきましょう。

OpenSeaで大切なNFTを移動させる

もともと使用していたウォレットに入っているNFTを、保管用ウォレットに移す場合は、OpenSeaから転送作業をしていきます。

数分で終わる作業なので、この記事を読んでいる流れで行うと安心ですよ。

こちらを後回しにして盗難にあってしまったら元も子もありません💦

やり方は下記記事でくわしく解説しています。確認しながら一緒に移していきましょう✨

まとめ:メタマスクでウォレットを分ける方法は2つ

メタマスクでウォレットを分ける2つの方法はこちら。

  • 元のウォレットに追加する(セキュリティ低め)
  • 新しく別にウォレットを作成する(セキュリティ高め)👈おすすめ

元のウォレットに追加する方法は、パスワードとシークレットリカバリーフレーズが同じため、片方のウォレットをハッキングされてしまうと、2つのウォレットの中身全てが盗られてしまうのでおすすめしません。

新しくウォレットを作れば良いのね。今度時間ある時にやっておこう💡

こう思ってませんか??

ウォレットを分けようと思っていた矢先に詐欺に遭ってしまいNFTを失ってしまった、、、、

という方をTwitter上ではよく見かけますので、資産の移動は早めにするのがおすすめですよ✨

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次