稼ぐブログのはじめかた ▶ブログをはじめる

【超初心者でも迷わない!】NFTの買い方を6つの手順で解説

NFTを買ってみたいんだけど、どうやって買ったら良いの?
海外サイトの会員登録とかあるのかな?
英語もよくわからなくて不安だから、手順を教えて欲しい!

こんな思いに答えます!

「NFTとか買ってみたいな、、、」と思ってみても、仮想通貨初心者さんであれば「何をどうしたら良いの、、、??」と不安になってしまいますよね。

Nozomi

なんだか難しそうと私も感じていました、、、。

ですが、NFTの買い方は難しいことはなく、単純な操作で買えちゃうんです。

本記事では、超初心者さんのために「仮想通貨を買うための口座開設からNFT購入まで」の手順を1つ1つていねいに解説していきます✨

こちらの記事を見ながら一緒に進んでいけば、超初心者のあなたも迷わずに購入できますので安心してくださいね。

 本記事の内容

  • 【超初心者でも迷わない!】NFTの買い方を6つの手順で解説

それでは、一つ一つ一緒にクリアしていきながら進めていきましょう✨

目次

【超初心者でも迷わない!】NFTの買い方を6つの手順で解説

NFTの買い方6つの手順を先に見て確認しておきましょう💡

  1. 国内暗号資産取引所の口座を開設する
  2. メタマスク(MetaMask)ウォレットを作る
  3. 国内暗号資産取引所でイーサリアム(ETH)を購入する
  4. イーサリアムを国内暗号資産取引所からメタマスクに送る
  5. OpenSeaとメタマスクを繋ぐ
  6. NFTを購入

それぞれ順に解説していきます。

手順1:国内暗号資産取引所の口座を開設する

 仮想通貨を買うための口座を開設

日本円で仮想通貨を購入するためには、日本国内の暗号資産取引所で自分の口座を開設する必要があります。

Nozomi

株を買う時ために証券口座を開設するように、仮想通貨を買う口座を開設するイメージです💡

NFTを買うには、イーサリアム(ETH)という名前の仮想通貨が必要になるのですが、ETHを購入するなら取引所があるビットフライヤーがおすすめです。(取引所で買う方が手数料がお得なのです

ビットフライヤーの口座開設は、完全無料で15分ほどでできますので、こちらの記事を見ながらサクッと口座開設しておきましょう✨

【完全無料】ビットフライヤーで口座開設する

手順2:メタマスク(MetaMask)ウォレットを作る

 仮想通貨用のお財布を作る

次に、メタマスクのウォレットを作成します。

Nozomi

「自分だけのお財布」をメタマスクで作るイメージです

手順1で作成した、国内暗号資産取引所の口座からイーサリアム(ETH)をメタマスクウォレットに送金するので、先にウォレットを作っておきます💡

メタマスク(ウォレット)の作り方は、こちらの記事でていねいに解説しています!
まだメタマスクのウォレットを持っていない方は、記事を読みながら一緒に作成していきましょうー。

MetaMaskでウォレットを作る

手順3:国内暗号資産取引所でイーサリアム(ETH)を購入する

 NFTを買うための仮想通貨(ETHを買う

NFTの購入で使用する仮想通貨は、イーサリアムが一般的です。

国内の暗号資産取引所の販売所ではなく「取引所」でイーサリアムを購入しましょう!
ビットフライヤーの場合は、取引所という名前ではなく「Lightning」という名前になっています

OpenSeaでNFTを購入する際には、GAS代と言って手数料が発生します。

GAS代は時間や瞬間で変動するのでどれくらいかかると言えませんが、NFT代 + 5,000~7,000(ガス代)として準備しておくのが安心かもしれません。

超初心者さんは、いきなり取引所で購入するのは少し難しく感じると思いますので、下記の記事を参考にすると迷わずに購入できますよ。どうぞご覧ください!

手順4:イーサリアムを国内暗号資産取引所からメタマスクに送る

 ビットフライヤー >> メタマスクへ送付

手順3で購入したイーサリアムをメタマスクに送金します!

仮想通貨の送付手続きは、送付アドレスを1文字でも間違えると取り戻せなくなるので、必ず少額送金で1度試しましょう。

送付は、こちらの記事を見ながら一緒に行うと安心です。

手順5:OpenSeaとメタマスクを繋ぐ

 OpenSeaの会員登録 = メタマスクを接続

メタマスクにイーサリアム(ETH)を送付できたら、NFTが販売されているサイトOpenSeaとつなげる作業が必要です。

この、メタマスクとOpenSeaを接続する作業が「OpenSeaの会員登録」をしていることとなります。

それでは、接続手順を解説していきますね!

 ① OpenSeaにアクセス

まずは、ChromeでOpenSeaの公式サイトにアクセスしましょう。

公式サイト:OpenSea

 ② 「Create」をクリック

画面中央にある「Create」をクリックします。

 ③ 「MetaMask」をクリック

接続するウォレットを選ぶ画面に遷移するので、MetaMaskを選びます。

すると、MetaMaskが立ち上がりメタマスクのパスワード入力画面が出てくるので、パスワードを入力し「ロック解除」をクリックします。

 ④ 署名をクリック

OpenSeaとメタマスクを接続する署名画面に遷移しますので、「署名」をクリック

これで、OpenSeaとメタマスクの接続完了です✨

署名した後、このような画面が出ますが、こちらは何も入力しなくてもOpenSeaは使えます。

手順6:NFTを購入

手順5まで、NFTを買うための準備お疲れ様でした✨

それぞれ手順がたくさんあって初心者さんであれば大変だったかと思いますが、購入手順は簡単です。

① 欲しいNFTの公式ページをネットで開く

OpenSeaのサイト上で欲しいNFTの名前検索じゃダメなの??

そう思いますよね?

NFT市場?というかOpenSea上では偽物が多く存在しているのです、、、、。

こちらをご覧ください。

今人気のCryptoNinja Partnersを買おうとOpenSea上で検索をかけるとこんな感じ。
上の本物以外は、謎のNFTなのです。

偽物の存在があることを知っていなければ、あなたは知らないで偽物のNFTを買ってしまう可能性があります、、、!

少し手間ですが、この手順を踏んでいきましょう。

② 公式ページからNFT販売URLをクリック

NFT作家さんの公式ページにはOpenSeaのURLがたいてい張り付けてあるので、そこからOpenSeaにアクセスします。

CryptoNinja Partnersの場合であれば、このような感じでOpenSeaへのボタンがあります。

③ 「Buy Now」をクリック

欲しいNFTのページで「Buy Now」をクリックします。

確認画面が出た後、チェックアウトボタンを押せば購入完了です!

自分が持っているNFTを確認する方法

NFTを購入できたら、自分のウォレットにNFTが入っているか確認することができます。

OpenSeaの自分のアイコン > Profile をクリック

このような感じで、持っているNFTが表示されます✨

まとめ

以上、NFTの買い方を解説しました!

手順は以下の6つの手順です✨

2回目以降は、手順3(もしくは5)~手順6だけの操作なので、簡単に購入できますよ💡

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次