稼ぐブログのはじめかた ▶ブログをはじめる

【約1万円から】コインチェックで暗号資産を貸し出す方法【5つの手順で解説】

仮想通貨のレンディング(貸出)って興味あるけど、小額からでもできるのかな?
レンディング(貸出)のやり方を詳しく教えて欲しい!

こんな疑問にお答えします。

「仮想通貨のレンディング」と聞くと、何十万円相当の仮想通貨を持っていないと貸出できないのかな?というイメージですが、コインチェックだと、なんと約1万円から貸し出しができてしまうんです。

仮想通貨初心者さんなら「ビットコインをガチホして買い増しするだけ」という投資スタイルが多いはず、、、!!
ガチホしているのであれば「仮想通貨のレンディング」はおススメ投資法の1つです。

なぜなら、貸し出すだけで手持ちの仮想通貨が増えるから。

仮想通貨を持っているのに、レンディングをしないのは超もったいない!、、、と私は思います。

< 💡本記事の内容 >

  • 暗号資産レンディング(貸出)のメリットとデメリットの解説
  • コインチェックでレンディングをする5つの手順(画像とともに解説)

超初心者さんでもわかりやすく、ていねいに解説していきます!

「仮想通貨そんなにたくさん投資していないしな、、」というあなたも、約1万円からできるほったらかし投資なので、ぜひ読んでいってくださいね。

目次

レンディングをするメリットデメリット

レンディングとは、個人の仮想通貨資産を貸出しをして、貸し出した期間利子を受け取れることを指します。

暗号資産のレンディング(貸出)について「やらないのは超もったいない」と書きましたが、メリットデメリットはあるので先にお伝えしておきますね!

レンディングするデメリット

まずはデメリットから。

<⚠️「レンディング」のデメリット⚠️>

  • 貸出ししている間に価格下落すると損をしてしまう可能性がある
  • 貸出ししている期間中は引き出せない
  • 貸出ししている期間中に取引所が破綻した場合は、資産が戻ってこない可能性がある

投資なので、損をする可能性はあります!


ビットコインを貸出しした時の日本円価格が、貸し出しを終えて戻ってきたとき、ビットコインの日本円価格が下がっている可能性があるということです。

しかし、現在、仮想通貨の価格が全体的に下落気味なので「これからさらに価格が上がっていくと思うコインをレンディングしてみる」という考え方もあると思います✨

Nozomi

私はビットコインがこれから上がると信じて、0.05BTCをレンディングしています!

あとは、貸出し中には資産を引き出すことができないので、余剰資産でレンディングすること

そして、もし暗号資産取引所が破綻した場合は、資産が戻ってこないリスクをおさえておく必要があります。

レンディングするメリット

<💡「レンディング」のメリット💡>

  • 仮想通貨を貸し出しているだけで増やせる
  • 銀行でお金を預けておくのに比べ、利率がはるかに高い
  • 売り時を見計らう必要がないので、仮想通貨初心者でも始めやすい

最初にも書きましたが、レンディングは貸出し期間中の利子が受け取れるものなので、一定期間貸し出しているだけで資産が増えます。

そして、買って・売ってを繰返して資産を増やすスタイルではなく、レンディングの手続きをしたら後は期間終了を待つだけなので、仮想通貨初心者でも始めやすいというのがあります。

そして、最大のメリットだと感じるのは「利回りの高さ」!

普通預金の金利を大手銀行である「ゆうちょ銀行」、ネット銀行「GMOあおぞらネット銀行」と比べてみましたが、雲泥の差じゃないでしょうか??

ゆうちょ銀行GMOあおぞらネット銀行コインチェック
利率0.001%0.11%1%~5%

日本円を預金していても全然増えないので、「仮想通貨でレンディング」は個人的にアリだと思います、、、、!

 初心者にコインチェックのレンディングがおすすめな理由

仮想通貨のレンディング良いかもなぁ、、、✨

ここまで読んでこう思いましたよね?

暗号資産取引所でレンディングサービスを行っているところは他にもありますが、私は初心者さんに「コインチェック」でレンディングをおススメします✨

理由はこのとおり。

  • 約1万円からはじめられる
  • 貸出期間「14日間」からはじめられる
  • 最大利率が「5%」と高め
  • 大手マネックスグループの傘下なので、破綻のリスクが低い

他の大手暗号資産取引所のGMOコインとの比較がこちら。

GMOコインコインチェック
最小単位0.1BTCから約1万円から
貸出コース年率 1%コース(1ヶ月)
年率 3%コース(3ヶ月)
14日間 年率1%
30日間 年率2%
90日間 年率3%
180日間 年率4%
365日間 年率5%

GMOコインのレンディング最小単位が「0.1BTC」となっているので、現在の価格で見てみるとおよそ最低でも30万円(1BTC=2,876,287円 記事執筆現在)ほどからのレンディングとなります👀💦

初心者さんが「ちょっとやってみよー」と、軽い気持ちでできる金額ではないですよね、、、💦

しかし、コインチェックは約1万円からできて、しかも14日間コースがあるので、まずは2週間お試しでやってみるってことができてしまいます✨
大手マネックスグループ傘下ということで破綻リスクも低そうです。

というわけで、初心者さんにはコインチェックでレンディングをしてみるのがおススメなんです💡

【約1万円から】コインチェックで暗号資産を貸し出す方法【5つの手順で解説】

では、レンディング(貸出)する方法を解説していきますね!

5つの手順を先にお見せするとコチラ!

  1. コインチェックで口座開設
  2. 暗号資産を購入する
  3. Coincheck貸暗号資産サービスの登録
  4. ②で購入した暗号資産を取引アカウントから振替
  5. 貸出申請を行う

順にくわしくていねいに解説していきます✨

手順1:コインチェックで口座開設

まずはコインチェックの口座が必要となります。

まだコインチェックで口座を持っていない方は15分ほどで開設できるので、サクッと手続きしてしまいましょう✨

【完全無料】コインチェックで口座開設する

こちらの記事で口座開設について、順を追ってくわしく説明しています。
記事を読みながら一緒に口座開設手続きをどうぞ✨

手順2:暗号資産を購入する

口座開設が完了したら、次に暗号資産を購入します。

現在、「ビットコイン(BTC)」や「イーサ(ETH)」など18種類の暗号資産がレンディング対象となっていますので、お好きな通貨を購入しましょう✨

Nozomi

私は今後値上がりが期待できるビットコインにしました!

ビットコインであれば、手数料を抑えるためにも「取引所(板取引)」で購入するのが賢い方法です!

「取引所」での購入に不安があれば、こちらの記事でくわしく解説していますので、読みながら一緒に購入していきましょう!

手順3:Coincheck貸暗号資産サービスの登録

次に、持っているコインチェックのアカウントに、Coincheck貸暗号資産サービスの登録をしていきます。

画面中央に出てくる「貸暗号資産サービスに登録する」と書かれているボタンをクリックします。

 Coincheck貸暗号資産サービスの登録

登録画面に遷移するので、チェックボックスに✔を入れ、「貸暗号資産サービスに登録する」をクリック

こちらの画面での手続きはひとまず完了です。

手順4:暗号資産を取引アカウントから振替

コインチェックの「取引アカウント」を開きます(手順2で開いた画面です)

手順2で購入した暗号資産は、「貸暗号資産サービス」のアカウントに移動させないとレンディングできないので、振替作業が必要になります。

取引アカウント > 総資産 を開き、「振替」ボタンをクリック

振替画面に変わります。

< 入力手順 >

  1. 「取引」を選択
  2. 「貸暗号資産」を選択
  3. レンディングしたい暗号資産の数量を入力(画像では「0.005BTC」)
  4. 「残高を移動する」をクリック

すると「貸暗号資産アカウント」の貸出可能額欄に振り替えた暗号資産が反映されます。

これで振替作業は完了です✨

手順5:貸出申請を行う

「貸暗号資産アカウント」> コインを貸す をクリック

画面下の方に貸出期間や貸し出す数量を入力する画面があります。

< 入力手順 >

  1. 貸出期間を選択
    (画像 90日間~365日間は白抜きになっているので申し込みができない状態です)
  2. 貸出す暗号資産の数量を入力
  3. お好みで「返却時に再度貸出申請を行う」に✔を入れる
    ✔を入れると、期間満了後、再度貸出申請が行われるようになります
  4. 「BTCを貸出申請する」をクリック

これで、貸出申請(レンディングの申請)が完了します✨

画面下部「貸出注文の一覧」に申請を行った注文が反映されます。

申請が承認されるまでは「キャンセル」ボタンがクリックできる状態になっています。気が変わって承認前にレンディングを中止したい場合は、こちらからキャンセルが可能。

⚠️申請承認後は期間満了するまでキャンセルはできないので注意です!

申請中は資産が「貸出申請中」の欄に反映されるので、こちらでも申請の状況が確認できますよ。

Nozomi

レンディングの申請は以上です!お疲れ様でした✨

 承認までかかった日数は「8日間」

ちなみに私の場合、「14日間」のレンディング申請で承認が下りるまで8日間かかりました。
貸出期間が長くなればなるほど、承認までの期間が長くなるようです💡

承認が下りた後は、「貸出中」のところに資産の数値が移動します。

まとめ

本記事では、コインチェックで暗号資産貸出しする方法を解説してきました!

買って・売ってという方法ではなく、
持っている仮想通貨を貸し出すだけで資産が増やせるというのがレンディングのメリット💡

おさらいするとこちらの5つの手順です✨

  1. コインチェックで口座開設
  2. 暗号資産を購入する
  3. Coincheck貸暗号資産サービスの登録
  4. ②で購入した暗号資産を取引アカウントから振替
  5. 貸出申請を行う

貸し出している期間中は引き出せない、価格変動のリスクはありますが、気になったら14日間コースからやってみることができるので、余剰資金でレンディングしてみましょう!

コインチェックでレンディングをはじめてみる

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次